検索
  • Fukuyama Yuki

明星大学に異動しました


4年間務めた東京大学を2018年3月で退職し、4月からは明星大学 明星教育センターにて特任准教授として勤務することになりました。

気がつけば東大には修士で3年間、前職で4年間と、早稲田で過ごした学部4年間、博士3年間と同じだけの期間を過ごすことになりました。18歳からの14年間を早稲田7年・東大7年と過ごしたことを考えると、新しい場所に行くのは久しぶりということになり、なんだか感慨深いものがあります。

前職では大学院総合文化研究科・教養学部附属アクティブラーニング部門というところで、主に教養学部で行われるアクティブラーニングの支援を行ってきました。

支援部門ということでなかなか評価されづらいことも多く、歯がゆいことも多少はありましたが、対外的には「東大のアクティブラーニング」を担っているように見えるようで、年間30件程度の見学を始め、講演や取材など貴重な経験をたくさんさせて頂きました。外部から来る皆さまに失望されないように必死にキャッチアップしたことが、「アクティブラーニング」の専門家としての私を育ててくれたのではないかと思います。前職の間、お世話になった皆さまに心より御礼を申し上げます。

新しい職場では前期は「自立と体験1」という、初年次教育科目の運用・教授を中心に、後期は入学前教育や「自立と体験3」というキャリア教育科目を担当することになっています。研究も近年はキャリア教育関係のゲーム開発を中心に進めてきましたので、良いシナジーがあるといいなと思っております。

まだまだ特任ということで、これで「安住の地を見つけた」という訳にはいきませんが、しばらくは任期の事を考えずに諸々に取り組めそうです。(そもそも「安住の地」などない…という主義だったような気もします。)

多摩モノレールの中央大学・明星大学駅という少し奥まったところにある大学ですが、お近くにお立ち寄りの際はぜひお越しください。(今度はなんと初の個室です!)


79回の閲覧

最新記事

すべて表示

半期の振り返り(授業者として)

先週で前期の授業が終了した。4月に東大から異動してきて4ヶ月、非常に良い経験が出来た。前職では授業支援という後方支援を仕事にしていたが、現職では前期は主に1年生全員が受講する「自立と体験1」の授業運営と担当(3コマ)をして、前線で戦ったように思う(おそらく、まだ最前線ではない)。 東大を辞める前にとある同僚から、「福山先生は大丈夫だと思いますが、自分が東大で授業が上手いと思っていた先生が他大に異動

Contact

fukuyamayuki[atmark]gmail.com

© 2013-2020 Fukuyama Yuki